動画制作会社の選び方

動画の完成度は、依頼する動画制作会社によって大きく異なります。映像としての完成度がいくら高くても、一定の効果が得られなければそれは完成度が高い動画であるとは言えません。動画制作会社を選ぶ際には、「広告」としての映像としてマッチしているかどうかが重要です。過去の実績を文字ではなく、映像で見せてもらえると分かりやすいでしょう。

また、動画の撮影や、編集といった技術だけでなく、WEB広告としてどのような戦略があるのかなどの映像の技術以外の知識が豊富な会社を選ぶようにしましょう。そのためには、どのような目的や意図で動画を作ろうとしているのかをきちんと確認してくれる会社であれば安心です。

他にも、仕上がった動画をどのように活用していけば良いかなどの提案ができる会社は、撮影した動画を活用することを前提に制作している表れでもあります。提案力のある会社というにもひとつの指標になります。

また、動画制作会社の多くは、無料見積もりサービスを行っています。動画制作を依頼する際は、仕上がりと費用とのバランスを考える必要があります。見積もりは仕事を依頼する前に出してもらうと良いでしょう。

経験や知識と費用のバランスが取れた動画制作会社を探して、納得のいく動画を完成させましょう。

動画制作会社の利用法

動画制作会社が行っているサービスには、広告制作、PR動画の制作、セミナーや講習会の動画制作などがあります。

多くの企業は自社で作った製品のアピールをするコンテンツがあまりありません。自社のホームページに掲載するか、営業マンが営業するという方法が主流です。しかし、広告動画を制作し、動画配信することで日本のみならず、世界中の人々へ一気に製品をアピールすることが可能になります。

どのように製品を撮影し、どのようなストーリー仕立てで話をすすめアピールしていくのか、ペルソナに合った動画にするにはどのようにすれば訴求力が高いものに仕上がるのかを考えて動画を制作する必要があります

一定の効果を期待できるものに仕上げるには、経験のある動画制作会社へ動画制作を依頼すると良いでしょう。具体的なイメージのないまま依頼すると、なにをメインに訴求したいのかがぼんやりとした、伝わりにくい漠然とした動画になることがあります。

広告制作を依頼する場合には、会社のPR動画としても使えるものにするのか、製品の広告だけに特化したものにするのかなど、具体的なイメージを持って依頼すると、ブレのない希望通りの動画に仕上がることでしょう。

動画制作会社へ依頼

一般人が動画サイトに自分で撮った動画を投稿し、自分の活動をアピールしたり、収入を得たりということが当たり前になってきました。

動画を制作して、インターネット上にサイトに投稿することで世界中の人が注目し、有名になった物や人、会社も数多く存在しています。これまで主流であった、街頭広告やテレビCM、雑誌や新聞などの広告からインターネット上で広告を公開することへシフトしています。

広告は地域や国を限定したものから、世界に配信できる広告へと規模を拡大していると言えるでしょう。それにともない、ビジネスチャンスもこれまで地域限定だったものが、グローバルなものへと広がっているのです。動画制作を成功させてビジネスチャンスを広げたいと思う企業も多く存在します。

一口に動画制作といっても、どのような動画を作るか企画するところから、撮影、編集とさまざまな作業が伴います。機材やアイデア、技術が伴えば自力で動画制作することも可能ですが、訴求力のある動画を制作するのは至難の業です。

企業も動画制作に力を入れているところが増えてきました。動画を自社で制作することも可能ですが、そういった環境が整っていない場合は、動画制作会社へ依頼すると便利です。プロの視点でこれまでの経験を活かしたアイデアを形にしてくれることでしょう

ここでは、動画制作会社への依頼の仕方から動画制作会社の行っているサービスなど、動画を自社で制作するのではなく、外注するときのポイントについてご紹介します。